IPFS&FilenetはIPFS協議の激励層です

その目標はローコストで高効率を創建します
中心除去化のデータはネットワークを配って、そしてIPFSとビジネスクローズを形成します。

システムはファイル昇級制度を提供します。
ユーザーがアップロードするファイルが検索する人数が多くなる時、ファイルは徐々に公開ネット
ワークに入って、大人気のファイルになります、
この時、ファイルは鉱山発掘に参与することができます。

分配で鉱山を発掘します

インターネットの無料思考は既に人々の心に深く染込んで、大部分のユーザーは料金を払う理念を受けにくいです、
Filenetは本当の自治コミュニティ概念を提出し、Filenet体系の内で、
ユーザーはダウンロードとアップロードでいかなる費用を支払う必要がありません。

無料メモリー

Filecoinのデポジット制度を改善して、
例えネット中断、停電でもただ信用度に影響します、
保証金を減らす事が出来ます、
奨励構造は更に科学的でしかも合理的です。

合理的な激励し

IPFS&Filenet

構造図

FilenetとIPFSが一緒に完全な製品を構成します。FilenetはIPFS協議の激励層を作るので、その下層機能は分布式のメモリーと分散型ネットワークなどを含んで、Filenetを運営するMine物理装置から実現されます。

FilenetはIPFSの激励層なので、それはブロック管理、共通認識構造、知能契約などの管理を含みます。DAPPはIPFSとFilenetを運行し、ユーザーはDAPPを通じてデータのアップロードとダウンロードを行います。

中心除去化のネットワーク(DecentralizedFileNetwork)(DFN)を保存して、データ昇級制度を提供します。ユーザーは1つの設備を通じて1つのデータをアップロードする時に、このデータは当地で保存します、データの検索回数が多くなる時に、データは徐々に公開ネットワークに入って、大人気データになります、このデータは鉱山発掘に参与することができます。

img

IPFS&Filenet

信用度と保証金
img

Filenetの鉱山発掘構造で、
鉱山労働者の鉱山発掘効率は信用度の影響を受けます、
信用度が高くなれば、鉱山労働者の鉱山発掘効率も高くなります。

信用度(T)と保証金(M)関係式の表現は:

T=(1-e-0.005m)*100%

mは、敷金、保証金(m)が高いほど信頼性(t)が高い。
保証金(m)が高いほど信頼度(t)は1に近いが、永遠に1にはならない。

IPFS&Filenet

分配案

Filenetの骨組みで、すべてのコミュニティのユーザーは鉱山労働者だと見なします。
コミュニティの内で、Filenetユーザーはメモリ空間と通信容量を共有して、
鉱山発掘の奨励を獲得することができます。
img
Filenet総計10億。
80%は鉱山発掘の仕返です、例えばビットコイン、鉱山発掘の進度によって徐々に分配し、5年ごとに半分を減らします。
10%は研究開発の費用で、10年徐々に解禁します。
10%はコミュニティの支持者に配って、しかも鉱山発掘進度によって徐々に解禁します。

IPFS&Filenet

ロードマップ
Q4進度
2017年

Q4進度

2017年

私達は理想の主義者です、ずっと新しい技術を探して、社会に新しい発展チャンスを持って来ます。現在インターネット産業は既に産業構造を形成しました、既存の技術体系で突破しにくいです。ブロックチェ-ン技術の特徴を見て、私達は新しいチャンスが来たと分かります。この間で私達は常にオンラインとオンライン議論回を組織し、ブロックチェ-ン技術は何ができると探求しています、ブロックチェ-ンは金融属性を除き、普遍的な価値を持つでしょうか。私達は絶えずBTC、ETH、EOS、IPFSの中で研究し、ブロックチェ-ン産業は既に3.0時代に入りました、この時代の標識はIPFSです。IPFSは私達にたくさんの啓発を与えました、IPFSの基礎で全く新しいネットワークデータのサービスシステムを開発するができるでしょうか、C/B、C/Sの骨組みではありません、社会の大量のメモリ空間とネットワーク資源を利用されます。どのようにこれらの資源を構造し、どのように新しいビジネス環境の下で皆さんが積極的に参与して、これもFilenet最初の考えです。この時に私達は徐々にFilenetがどうするか、その目標は何だろう、解決できる問題は何だと分かりました。
Q1進度
2018年

Q1進度

2018年

内心の考えいに従って、私達は定義し、及びFilenetプロジェクトを起動しました。 私達はIPFSの各方面を深く研究し、同時にFilecoinを模範事例として研究と理解を行って、プロジェクトの後続開発のために技術を築きました。私達は初歩的な開発を行って、1つの技術原型を実現して、ある考えと技術を検証し、そして後続の更迭基礎とされます。
Q2進度
2018年

Q2進度

2018年

この段階に、私達はFilenetの設計を細分化し、共通認識構造の選択、協議設計などを含みます、同時に構築とモジュールの設計を完成しました。私達はまたFilenetの可能な応用情景と市場ニーズを分析しました。私達は共通認識構造、協議の厳格性と攻撃抵抗の能力な分析され、そして実験を行いました。この段階に私達も一部のコード仕事を完成しました。
Q3進度
2018年

Q3進度

2018年

この段階の主な任務は実際の開発です。以前はいくつの段階の仕事を基礎にして、高品質のコードを目標にして、この段階で計画需要と合う、強力なブロックチェ-ンシステムを作ります。私達は9月末に内部テストを行う予定で、そして10月末にオンラインで公開検測を行います。
Q4進度
2018年

Q4進度

2018年

この段階に私達はユーザーのフィード・バックを収集して、可能な問題を修正します、そしてシステムに対して最適化と改善を行います。私達は生態の応用開発の方面で着手し、プロジェクト開発者コミュニティの生態建設を推進します。

Q4進度

2017年

私達は理想の主義者です、ずっと新しい技術を探して、社会に新しい発展チャンスを持って来ます。現在インターネット産業は既に産業構造を形成しました、既存の技術体系で突破しにくいです。ブロックチェ-ン技術の特徴を見て、私達は新しいチャンスが来たと分かります。この間で私達は常にオンラインとオンライン議論回を組織し、ブロックチェ-ン技術は何ができると探求しています、ブロックチェ-ンは金融属性を除き、普遍的な価値を持つでしょうか。私達は絶えずBTC、ETH、EOS、IPFSの中で研究し、ブロックチェ-ン産業は既に3.0時代に入りました、この時代の標識はIPFSです。IPFSは私達にたくさんの啓発を与えました、IPFSの基礎で全く新しいネットワークデータのサービスシステムを開発するができるでしょうか、C/B、C/Sの骨組みではありません、社会の大量のメモリ空間とネットワーク資源を利用されます。どのようにこれらの資源を構造し、どのように新しいビジネス環境の下で皆さんが積極的に参与して、これもFilenet最初の考えです。この時に私達は徐々にFilenetがどうするか、その目標は何だろう、解決できる問題は何だと分かりました。

Q1進度

2018年

内心の考えいに従って、私達は定義し、及びFilenetプロジェクトを起動しました。 私達はIPFSの各方面を深く研究し、同時にFilecoinを模範事例として研究と理解を行って、プロジェクトの後続開発のために技術を築きました。私達は初歩的な開発を行って、1つの技術原型を実現して、ある考えと技術を検証し、そして後続の更迭基礎とされます。

Q2進度

2018年

この段階に、私達はFilenetの設計を細分化し、共通認識構造の選択、協議設計などを含みます、同時に構築とモジュールの設計を完成しました。私達はまたFilenetの可能な応用情景と市場ニーズを分析しました。私達は共通認識構造、協議の厳格性と攻撃抵抗の能力な分析され、そして実験を行いました。この段階に私達も一部のコード仕事を完成しました。

Q3進度

2018年

この段階の主な任務は実際の開発です。以前はいくつの段階の仕事を基礎にして、高品質のコードを目標にして、この段階で計画需要と合う、強力なブロックチェ-ンシステムを作ります。私達は9月末に内部テストを行う予定で、そして10月末にオンラインで公開検測を行います。

Q4進度

2018年

この段階に私達はユーザーのフィード・バックを収集して、可能な問題を修正します、そしてシステムに対して最適化と改善を行います。私達は生態の応用開発の方面で着手し、プロジェクト開発者コミュニティの生態建設を推進します。

我々に参加します

開発者

July,30,2018

私達は誠実に優秀な開発人員とコミュニティ建設に参与するようにお招きします、
Filenetの発展のために貢献しょう!

申請表を記入します

実際の情況によって鉱山労働者或いは開発者を選んで下さい、それから申請表を記入して、或いは履歴書を私達の電子メールアドレスに送ってください。

鉱山労働者

July,30,2018

申し訳ありませんが、マイナーアプリケーションは終了しました。
ご支援いただきありがとうございます。

審査を待ちます

私達は2―3労働日の時間で貴方の申請に対して審査するのが必要です。

申請成功

コミュニティのメンバーになって、ようこそ。